燻製初心者でも10分でできる!味つけ不要、失敗しない 簡単 燻製ソーセージの作り方

燻製ソーセージ
燻製ソーセージ

初心者でもできる、簡単燻製レシピ、今回は ソーセージの燻製レシピです。
味付けも不要、燻製して熱を通せばすぐできるので、燻製自体は10分でできるお手軽なレシピをご紹介します。

燻製ソーセージの材料と用意するもの


  • 市販のソーセージ
  • スモークチップ (サクラがおすすめ)
  • アルミホイル
  • キッチンペーパー
  • スモーカー(燻製器)

市販のソーセージ

市販のソーセージ

たったこれだけで、燻製ソーセージができます。

燻製ソーセージの作り方


市販のソーセージを冷蔵庫から出して常温に戻しておき、表面の水分をよくキッチンペーパーで拭きとり、表面を乾かします。

ソーセージを乾燥
ソーセージを乾燥

その後、スモーカーにサクラのスモークチップをひとにぎり(約6g)入れ、

熱せられたソーセージの脂が落ちてチップを焦がさないように、チップの上にアルミホイルをシワシワにして汁受けカバーをかけます。

スモークチップの上に、アルミホイルで脂の汁受けを作る

スモークチップの上に、アルミホイルで脂の汁受けを作る

まだソーセージは入れずに、スモーカーの蓋をして強火で熱し、煙がたくさん出てきたら、網に載せたソーセージをスモーカーに設置。

煙がでたら、スモーカーにソーセージをのせる

 

煙がでたら、スモーカーにソーセージをのせ、再び蓋をして、火を中火に落とし、そのまま10分間燻製。

燻製ソーセージのできあがり
燻製ソーセージのできあがり

10分後には、いい香りで燻された、ソーセージの燻製ができあがりです。

 

燻製ソーセージの食べ方


バーベキューなどのときには、そのまま燻製のできたてを食べても美味しいのですが、燻製は一般的に少し時間をおいたほうが、煙の風味が安定して美味しく食べられます。

燻製ソーセージの場合は、1時間ほどおいておき、その後に、フライパンや、電子レンジで少し温めなおすと一層美味しく食べられます。

 

失敗しないコツ


味付けもいらず、皮が硬くて中から水分がでにくく、乾燥させやすいソーセージは、お手軽にでき、失敗の少ない燻製です。

唯一のコツは、冷蔵庫から出したてのソーセージをそのまま使うと、燻製したときに温度差で表面に結露が起こり、その水滴が煙と反応して酸っぱい燻製になるので、できるだけ常温に戻して水分を拭き、表面を乾燥させてから燻製すること。

表面の水分にさえ気をつければ、初心者にも失敗なくできる簡単燻製です。

ぜひチャレンジしてみてください。

<この記事で使用している燻製器(スモーカー)>
 TABLETOP SMOKER(テーブルトップスモーカー)

<この記事で使用しているカセットコンロ>
 イワタニ 【風に強い -ウィンドブレイクこんろ-】 カセットフー 風まる


燻製道士
About 燻製道士 19 Articles
日夜おいしい燻製のことに想いを馳せ、「燻製仙人」になるべく、簡単燻製作りの道を求道する士、すなわち「燻製道士」。 時折、おいしい燻製作りの“修行”と称し、燻製料理のあるバーやレストランに突入する。燻製とウイスキーやワインのマリアージュをこよなく愛する、しがない燻製男。 著書に、「男の手作り燻製」(世界文化社)、「手作り燻製ハンドブック」(世界文化社)、「燻製の基本」(枻出版)などがある。 燻製道士のブログ 燻製記 -燻製の作り方と燻製レシピ200種以上-